組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。上野原市で集団ストーカー被害があります。集団ストーカーは被害者に恐怖を与える実験と考えています。自分の心を守ってね。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

集団ストーカー被害相談

上野原市で集団ストーカー被害相談できるそうです。以前はありませんでしたね。結論からいうと相談するだけお金の無駄ですよ。以前山梨県警にストーカー相談へ行きました。集団ストーカーのチラシを見せた途端態度変わりましたね。誰も助けてくれる人はいないとはっきり言われました。その次の日か上野原市にわざわざおいでいただいて、車ですれ違うというつきまといもありました。山梨県警で追い返されたのに、上野原市役所や上野原警察署に何ができるというのでしょう。集団ストーカーの言葉を知る少し前に、近隣住民トラブルからのストーカーについて、上野原警察署の安全課に相談しましたよ。一般的なストーカー対処法(防犯ベルやセキュリティの高い賃貸への引っ越し)と、筆者の精神状態が正常なことを証明するためにも病院への受診を勧められました。相談しても誰も解決してくれませんよ。自分が強くなるしかないと山梨県警の人もいっていましたが。上野原市役所で行われている一般的な事柄についての相談窓口にも行き、ドライブレコーダーの映像を見せてストーカーの相談もしました。こういうことはよくあることで事件性はないみたいなことをいわれて、やはり何の解決にもなりませんでしたよ。上野原市相談窓口を作った意図はなんなのでしょうか。筆者はもう相談などしませんが。だいたい上野原市やその近隣の市民は皆ヨウ素を飲んでいてグルなので、被害者に協力する人はいないのです。相談しても皆同じことを言います。それはおかしなことじゃないよ、よくあることだよ、病院へ行ってみたら?と。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺