組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

黒い手帖創価学会「日本占領計画」の全記録を読んで 3

公明党委員長で元創価学会員、矢野絢也氏が黒い手帖を執筆した経緯、創価学会による政治評論家活動の中止の強要、黒い手帖の強奪と家捜し、家族にまで及ぶ監視・尾行、多額の財務の要求、激しい誹謗中傷など、公明党が氏を名誉毀損で提訴したのを皮切りに、様々な人権侵害行為を告訴、そして勝訴。


政界引退後、政治評論家として活躍していた矢野氏が、黒い手帖のメモをもとに「文藝春秋」に執筆していた手記の中で”政教一致”に触れた文章が学会内で問題視され、危険人物と見なされ見せしめの意味もあり、容赦なく徹底的に攻撃されることとなったのだった。


矢野氏の心情と創価学会の敵対者への対応から和解はないということを学びました…


告訴に踏み切るまでに、矢野氏は様々な要求を突きつけられていたそうです。


「事を穏便に済ませ、学会を敵に回したくない一心で、青年部や公明党議員OBらの要求をやむをえず丸呑みした」とあります。


最初はわりとハードルが低い要求なんです。


文藝春秋の手記について誤りを認め、謝罪することと100万円の寄付です。


和解したい一心で要求を受け入れても、これで終わりではないんですよ。


最終的な目的は矢野氏の社会的地位を剥奪し、財産も没収し、人間関係も壊すことです。


矢野氏が要求を受け入れるたびに、新しい要求がどんどん増えていきます。


要求を飲んでも激しい誹謗中傷を終えるつもりはないようで、「悪口をいわれても学会とともに行くことが大切」と苦行を強いられています。


和解が通用しないので、裁判で勝訴するしか解決方法がなかったのかもしれません。


次の記事は矢野氏が学会を敵に回したくなかった理由です。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺