読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

マインドコントロール?2

考えてること
私が加害者や加担者の立場に立ったことがなく、加害の経験がないので推測なんですが、加害者や加担者もマインドコントロールの影響をうけているのかな?と思います。

被害者が否定系のマインドコントロールなら、加担者は肯定系のマインドコントロールなのかな?と。

集団ストーカー教程こちらのサイトの24知られざるパージ工作(孤立化)に関する考察に加担予定者に近づく好人物の話があります。

人がマインドコントロールをされてしまうときは、好ましい・利益になる・大きなプラスと感じられるように仕向けられているそうなのです。3分でわかるマインドコントロールより

(リンクが削除されているので、行動のマインドセット~感情コントロールをクリック後、3分でわかるマインドコントロールよりをクリックしてください)

パージ工作もマインドコントロールを使っているのではないかと。

それと、加担者に対してだけではなく、被害者にも肯定系のマインドコントロールは使われているのではないかなと最近思います。

私たちは、自分が常に外部(他人)にコントロールされていることを自覚しなければなりません。とあるサイトにありました。

私はマインドコントロールなんてされてないわ~、と無自覚なのが一番危険なのだそうです。

マインドコントロールってそんな大がかりなことではなくて、たとえば否定系マインドコントロールの場合、残業が続き心身ともにつらい状況で、退職していく同僚から、あなたはまだ辞めないの?と声をかけられて、退職を自分の意思で選ぶ…こんなささいなマインドコントロールのかけ方もあるように思うのです。

他人によって自分の意思が180度変わった場合、プラスの方向でもマイナスの方向でもマインドコントロールなのではないかなと。


関係ないけれど、この状況を悟ったと表現する人もいる気がする。


鵜呑みにせず一度反対の意見を唱えて冷静になってから判断をするのがいいのかな。わからなければグレーに。



大がかりなマインドコントロールというと、某巨大掲示板を思い浮かべます。

民主党政権が決まるときの選挙前の様子は、自民叩きもすごかったけど、全体がなにかに扇動されているかのようでした。

あのときはネットをしない家族も妙に高揚して民主推しでした。

あの場所で、数多くの若い国民にマインドコントロールかけ放題なら、工作員にお金をかける価値は十分にあるように思います。

もちろん掲示板でもほのめかしがあったり妙なことがあります。

加害者は被害者の書き込みを特定している気がします。

この記事は数日前下書きで書いた文章を、一度メモ帳に貼り付けたものを投稿しました。

そのときは3分でわかるマインドコントロールのサイトのリンクは切れていなかったんですよ。
アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺