組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。上野原市で集団ストーカー被害があります。集団ストーカーは被害者に恐怖を与える実験と考えています。自分の心を守ってね。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

粒子で思考盗聴と操作(スペインの記事)

https://www.elconfidencial.com/tecnologia/novaceno/2021-03-24/pentagono-darpa-cerebro-control-nanoparticulas_3004028/?fbclid=IwAR2LkmuX-ReGd-E-euV6L0MXf6GhHqd2c-ivc1AXWW6gRwIaNqqmtisiIM4

ナノ粒子を使用する場合 ペンタゴンは、あなたの脳を制御するために目に見えない粒子を開発します

BrainSTORMSプロジェクトは、ナノ粒子と磁場を使用して脳の800億個のニューロンを監視し、制御するシステムを開発しています。

ペンタゴンは脳の秘密を解明したい(デビッド・B・グリーソン/CC) ヘスス・ディアス 著 24/03/2021 - 10:54 更新: 24/03/2021 - 20:32

サクラット・ヒズロエフによると、イーロンマスクは間違っている。私たちは電極で脳にアクセスし、その秘密を解明するどころか、効率的に機械に接続することは不可能です。脳は複雑すぎるとヒズロエフは言う。そして、DARPA(ペンタゴンの高度な研究アーム)は彼に同意しているようです。

ヒズロエフは、現代医学の聖杯を求めて神経科学者、物理学者、化学者、生物学者、材料エンジニアのチームを率いるエンジニアと研究者です:人間の脳の秘密を解明し、機械を使用して直接通信することができます。

彼らは脳を読み取り、制御するために約800億個のナノ粒子を注入する予定ですが、ハリズロエフはまた、彼らが水のコップで摂取することができると言います。彼が主張するこれらのナノ粒子は、健康にとって完全に安全であり、簡単に取り除くことができると主張し、脳内のすべてのニューロンに取り付けて機械とワイヤレスで通信する。すべてが思うように行けば、ヒズロエフのチームはプロジェクトが3年で終わると主張しています。

これらの粒子は、人間の髪よりも2000倍薄いです。彼らはMENP(磁気電気ナノ粒子)と呼ばれ、人間の細胞と電気的に相互作用しながら磁場を受け取り、放出することができます。彼らはSFのように聞こえるが、ヒズロエフは2010年以来、病気の研究でMENPを使用しています。

ロシア生まれのエンジニアは、MENPが脳に「話し合い」、その操作を正確に分析できる唯一の方法であると主張しています。「他の取り組みは、脳の謎を解くためにマイクロ電極などの外部機器を使用していますが、その複雑さと困難さのために、これらの方法は限られています」と彼は言います。リアルタイムで脳全体の機能を見て、各ニューロンと個別に相互作用することができるように、あなたは任意のワイヤーなしでそれらのニューロンのそれぞれに接続するメカニズムが必要です。

ブレインストームプロジェクト ヒズロエフのチームの調査は、国防総省の高度なプロジェクト研究機関の注目を集めるのに十分成功しています。DARPAは現在、MENPを使用して人間の脳とコンピュータ間の通信のためのシステムであるBrainSTORMSプロジェクトに資金を提供しています。成功すれば、彼らは私たちの体の延長であるかのように、精神的に機械と対話するためにこのシステムを使用することができます。その逆も同様です。

DARPAは、このメカニズムが病気や障害を持つ人々に役立ち、ロボットの腕や脚などを制御できるだけでなく、兵士やパイロットが戦闘機のような機械を手で制御するよりも効率的に制御できるようにしたいと考えています。

これは、クリント・イーストウッドが心によって制御された飛行したソ連の飛行機を盗まなければならなかったFirefoxのようなSF映画のプロットのように思えるものです。しかし、プロジェクトは本物です。現在、それは実行の第2段階にあり、彼らによると、彼らは2024年にそれを完了する予定です。

「革命」 ヒズロエフのチームは、磁場を使って脳に誘導し、800億人のMENPを人の血流に注入する計画です。そこでは、各MENPがニューロンとペアになると主張しています。位置に入ると、MENPは電気信号を発して情報を伝え、ニューロンから来る電気インパルスを受け取ることによって、それに「話し合う」ことができるようになります。

Khizroevによると、外部との通信は、menpの他の基本的な特徴を使用して行われます:これらのナノ粒子は、磁気信号を放出し、受信することができます。磁気トランスデューサ付きのヘルメットを使用して、Khizroevのチームは、コンピュータがリアルタイムで800億のMENPの活動を監視し、順番にそれらに情報を送信することができると言います。

成功した場合、BrainSTORMSは双方向通信を確立できるだけでなく、可能にすることを望んでいます。彼らはまた、脳の機能をマッピングすることができると信じています, 私たちに神経形態コンピューティングの分野を進めるための鍵を与えます.つまり、人間の脳と同じくらい効率的かつ迅速に動作するコンピュータです。「脳のコンピューティングアーキテクチャの仕組みがついに理解できます」と科学者は言います。同時に、この知識は、あなたが最も先進的なスーパーコンピュータでしか想像できないことを行うことができます。

キルゾエフは、これは彼らがメンプスで行うことができると思うものの一部に過ぎないと言います。彼と彼のチームは、彼らの技術が一般的に医学に革命をもたらすと確信しています。例えば、癌、パーキンソン病またはアルツハイマー病などの他の疾患を細胞によって攻撃するために使用できることを示唆している。それは「うつ病でさえ」治るかもしれない、と彼は言った。

ペンタゴンの脳への執着 DARPAは、ブレインストームプロジェクトの背後に1兆ドルの予算のほんの一部を置いただけではありません。これは、バラク・オバマ政権下で2013年に始まった脳の秘密を解明するための米国政府のメガプロジェクトである彼の脳イニシアチブの一部に過ぎない。その目標は、人間の脳をマッピングし、医療産業から軍隊まで、さまざまな分野でその可能性を最大限に活用できることです。

彼のブレインイニシアチブプロジェクトのリストを一目見ると、恐怖、希望、興奮のまれな混合物が生成されます。実際には、ほとんどのはマーベルのスーパーヒーロー映画のプロットのように聞こえるし、実際の科学的研究プロジェクトではありません。

BrainSTORMsとは別に、さまざまな人間の臓器の機能の神経変調のためのデバイスを使用しようとするプロジェクトElectRXがあります。その目標は、身体の治癒メカニズムをより効果的にすることです。つまり、ウルヴァリンの力のスタイルで自己癒しの一種です。もう一つ、HAPTIXシステムは、スターウォーズの計画ルーク・スカイウォーカーで、手足を持っていない人々にタッチの力を与え、機械的なプロテステを使用することを目指しています。ここでは、脳がタッチの感覚として解釈する電気インパルスを送信するためにモジュラーインプラントを置く計画です。

しかし、さらに怖いのは、コンピュータのメモリと頭字語アクティブメモリ復元の間の言葉の遊びであるRAMプロジェクトです。DARPAによると、このプログラムは「脳損傷の結果としてこれらの能力を失った個人の新しい記憶と既存の記憶へのアクセスのためのニューラルインターフェースを開発し、テストすることを目指しています。

これは、BrainSTORMSプロジェクトや残りの部分のように、それがスポットレスマインドの永遠の太陽のプロットの一部である可能性があることに気づくまで幻想的に聞こえます。その映画では、ある企業が幸せになるために苦しい思い出を一時に取り入れる可能性を提供しました。または、彼らは起こったことがないイベントの記憶を埋め込むトータルリコール。そのプログラムの第二の部分は、RAMリプレイと呼ばれ、個人が失われた記憶に完全な精度でアクセスできるようにしています。あなたの物語全体のように、人々が彼らの人生の任意の瞬間の「リプレイ」を作ることができるブラックミラーのエピソードのように、任意の瞬間を覚えておくのに最適

最後に、ネオがマトリックスでカンフーを学ぶシーンからショーの1つが取られているようです。これは、標的神経可塑性レーニングと呼ばれ、「神経接続を促進し、強化することができる末梢神経の正確な活性化を通じて、認知能力のエンターテイメントにおけるペースと有効性を向上させる」ことを目指しています。

その究極の目標は、米国国防総省での学習コストと期間を削減し、収益を改善することです。

これらのプロジェクトが成功するかどうか、そして成功すれば、まもなく、または100年後になるかどうかはわかりません。しかし、米軍、中国、ロシア、そして世界中の民間企業の両方が、他の部分の前に特異点(人間と機械の融合)に到達したいと考えていることは明らかです。結局のところ、人類の長期的な未来を定義する技術プロジェクトはほとんどありません。人間の脳の機能もその一つです。この分野をマスターする者は誰であれ、人工知能核融合エネルギーは、今後1万年間人類のリーダーになります。約。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺