読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

加害手口~ノイズキャンペーン

集ストの日々
加害者がそばに来たり、こちらが加害者に近づいたときや、

こちらの行動に合わせて、例えば建物を出たタイミング、車に乗り込んだタイミングなどで、

加害者は偶然を装って物音を立てたり、咳払いをしたり、車のドアバンや発進時のエンジンの音をたてるなどの加害行動をとります。

これをノイズキャンペーンといいます。

こちらが咳をすると咳払いをするなどの手口もよくあります。

その場合、加害者側が精神的に優位にたつようにも思えますが、ありきたりな集スト手口なので気にする必要はありません。


ノイズキャンペーンは集団ストーカーの基本手口です。

そのなかでも、対象者が物音は偶然や気のせいではなく、自分に向けている物音と認識するまで、目立つようにしつこく繰り返し行われるものはアンカリングになるのかな。

不特定多数の人、店の従業員、知らない人や知人、身近な人色々な人がノイズキャンペーンに参加していることがわかります。

いろいろなサイトを見ていると、身近にいる加担者は加害者から依頼されて行っていることが多いようです。

そしてノイズキャンペーンはヘッドホンをするなどで対策することが有効なようです。


集ストの加害行為とは参加人数の多い大人のいじめなのです。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺