組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

加害者の行動

加害者たちは行動が共通していてわりとワンパターンなので加害者なんだなとわかります。

これを書いたらまた違った行動をとるようになるかもしれませんが、また随時更新します。


目的地にでかけると、そこにはすでに加害者がいます。

先回りするなんて不可能だから、その人はストーカーではないと思う、という意見もでますが、集ストあるある行動をしてくるので加害者でしょう…

集ストの先回りについては思うところがあるのでまたいつか記事にしたいと思っています。

先に目的地に来ていた加害者は、後から来る加害者と交代で帰っていくことがよくあります。

加害者にとってはその場所にいることが目的ではないのだろうな目的は他にあるのだろうなと感じさせる集ストの交代制度です。

他人のつきまといなんて長時間やってられないし、長時間つきまとっていると明らかに怪しくなってしまうだろうし。


そして、こちらがそろそろ帰ろうと話をしていると、後から来た加害者はさっと引き上げてこちらよりも先に帰って行ってしまいます。

その引き際の鮮やかさのわりには、ぐずぐずしていてなかなか帰れないこちらが駐車場に戻るまで、車を発進させなかったりよくあります。


電車での2人組の加害者の行動パターンについて。

夫婦連れやカップルで来ていて、隣同士に座っているときもあるけれど、不思議なのは少し離れた座席に座っていて、こちらが電車に乗ったあとでつきまといを気づかせるように合流していること。

電車の席にまんべんなく加害者を配置することで、対象者が加害者の隣に座るようにしているのかもしれません。

どの車両に乗っても電車に乗り換えてもいるしね。


あと目的は不明だけれど、コンビニの駐車場などをほぼ満車にしておいて、ひとつだけ(たいてい雑誌の棚の正面)に駐車スペースを空けておくこと。

これはどこかの被害者サイトにトラブル誘発のためとあった。あとは加害者から見えやすいようにかな?


アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺