組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

近況

共謀罪成立後も被害に変わりはなく、酷い状況がしつこく続いている。

 

集団ストーカー被害を自覚するようになって1年が過ぎた。

 

始まりは引っ越し。

 

毎晩壁をガンガン叩かれるなどの近所トラブルから2箇所を転々とし結局元の場所に戻る。

 

袋小路の地区に引っ越し後、引っ越し先の近所にトラブルのあった住人たちの車が停車していたり、

 

山の中の通勤経路ですれ違う、買い物先にいたりなど、

 

今までなかったことが続き、つけられていると思い、色々な機関に相談していたのがちょうど1年前。

 

その頃からよくすれ違うようになっていたオレンジの車。(以前に記事あり)

 

最近会う頻度が少なくなっていたけれど、ここ数日よく遭遇する。

 

同じ日に店に入ると、商品の棚を見ながらしゃがんでじーっとしている住人を久しぶりにみた。

 

住人を見かけていた期間は、集ストを意識する始まりの内だけで、その後見かけるのは不特定多数だ。

 

ちょうど去年も同じように商品の棚を見ながらしゃがんでじーっとしている別の住人を見たので同じことしてるなーと感じる。

 

去年からお互い状況は変わらない。

広告を非表示にする
アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺