読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

地獄とは 2

死者の霊が集うとされる山への信仰
日本には、恐山や月山、立山熊野三山など、死者の霊が死後にそこへ行くとされている山が各地に存在しており、それらの山々が信仰の対象となることがある。

山岳信仰 - Wikipedia

 

このような信仰と仏教が習合して、雄山神社のある立山なども地獄思想が発展していったそうです。

 

地獄谷や血の池がありますね。

 

立山博物館には地獄思想も解説されていて興味深かったです。


3.立山地獄と日本の地獄思想
 立山平安時代、修験の霊場として全国に知られた霊山でしたが、一方では、地蔵と地獄の山でもありました。平安時代の中頃、立山にも地獄・浄土思想が入り込み、他の霊山に先駆けて、立山火山の爆裂火口及び周辺部の景観をして、仏教の経典にいうところの地獄とみなし、隣接する弥陀ヶ原の池塘を「餓鬼の田」と呼んでいます。
 平安時代後期に著された『本朝法華験記』や『今昔物語集』等の説話集に度々立山の地獄が登場します。また、越中国森尻(現立山町)の智妙坊が生きながら畜生になった話は、鎌倉時代に僧無住の著した「妻鏡」に採録されています。
 本来、来世の世界であり、バーチャルの世界であるはずの地獄の世界が立山山中という現実の中に顕れる。このことが、「地獄」そのものに現実の世界を与え、日本人の地獄思想の形成に大きな役割を果たしたのです。
 室町時代には、世阿弥の作と伝えられる謡曲「善知鳥(うとう)」が上演され、現在にも受け継がれています。江戸時代にはいると、地獄思想は立山曼荼羅に描かれた地獄の絵解きによって広く庶民の中に浸透していったのです。近代に入っても宮沢賢治芥川龍之介太宰治などの文学者の生き方に反映されています。

富山県[立山博物館]

 

かなり以前に行ったので詳しくは覚えていないのですが、立山博物館には前人未踏と思われていた剣山頂に刺さっていたという8世紀頃の錫杖を当時見ることができ感動したのを覚えています。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺