組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

創価学会の嫌がらせ

創価学会の嫌がらせ その1 巧妙な手口

 

創価学会が、非学会員に対して嫌がらせをするという話は、多くの方が耳にしたことがあると思う。
しかし、実際に被害を受けたことのない方は、それがどこまで事実か、半信半疑という向きも多い。
創価学会の嫌がらせを、警察が事件化したり、マスコミが取り上げたりしないのには、相応の理由がある。

1.警察が事件として扱えないレベルの嫌がらせを行うこと
2.証拠を残さないこと
3.精神病によくある症例(幻聴等)を、嫌がらせで人為的に演出するという手口

例えば、不快音による嫌がらせは、それが事実であったとしても、よくある生活音によるトラブルと区別しにくく、
警察に相談しても、「民事上の係争として、当事者どうしの話し合いで解決してほしい」と言われるだけで、
余程のことがなければ事件化されない。また、犯人を特定する証拠をつかむことが難しい場合が多い。

創価学会の嫌がらせは、巧妙で物的証拠をつかみにくく、しかも、被害者がそれを訴えても、精神を病んだ
人間の被害妄想と区別しにくい手口のため、被害者は孤立し、中には本当に心を病んでしまう者もいる。
このようなやり口で、標的を追い込む創価学会は実に悪質で、反社会的カルトであることは疑う余地がない。



創価学会の嫌がらせ その2 なぜ嫌がらせをするか

 

創価学会の嫌がらせの標的になるのは、主として、勧誘に応じない者や、創価学会を批判した者である。
このような人間を「仏敵」と認定して、徹底的に不幸になるように追い込んでいく。

創価学会は、現世利益を重視し、しかも自らのみが正しい宗教であると自称しているので、勧誘されたのに
入信しない者や、創価学会を批判した者が、幸福な姿を見せていては、信者に対して示しがつかないのである。

 

 

創価学会の嫌がらせ その3 嫌がらせを正当化する反社会的な教義

 

学会員が、このような反社会的な人権蹂躙を組織的に行うのは、その教義にも理由がある。 創価学会では、「法」を3つに分けて考える。1.仏法(創価学会のみが正統な仏法とされている) 2.国法(国が定めた法律) 3.世法(常識) ◎ 仏法(創価学会)は、国法(法律)や世法(常識)に優越するとされている。学会員のモラルに欠ける振る舞いや、押し付けがましい投票依頼に閉口した経験がある方は 多いであろうが、このような教義が彼らの非常識で、はた迷惑な行動の大きな原因であり、 「警察に捕まりさえしなければよい」との考えのもと、犯罪的な嫌がらせに精を出す理由である。

 

 

創価学会の嫌がらせ その4 

 

被害を受けていない方へネット上で目にする「集団ストーカー」のうち、どれが本当に創価学会による被害なのか、あるいは 精神病による被害妄想なのか、はたまた創価の嫌がらせに追い詰められて心を病んでしまったのか、 峻別するのは難しい。しかし、実際に創価学会による被害が、相当に多いことは事実である。創価学会が、かつての折伏大行進と称する、強引な勧誘を全国的に繰り広げていた頃と較べると、 表面上、大人しくなったように見えるからと言って、それに騙されてはならない。実際には、現在でも被害を受け、泣き寝入りを強いられている者は日本中に数多くいるのである。 学会員の中には、長年嫌がらせを続け、信仰を口実に他人を苦しめることを生きがいにしている輩もいる。 現在被害を受けていない人も、明日は我が身と考え、創価学会の危険性・反社会性を認識してほしい。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺