読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

黒い手帖創価学会「日本占領計画」の全記録を読んで 2

集スト関連書籍

集団ストーカー被害には、ハイテク系被害とローテク系被害があるそうです。


そのハイテク系被害には、電磁波などを使用した対象者への攻撃があります。


たまにネット上で黒い手帖を引用したハイテク機材の説明があり、ハイテク機材は電磁波関係の機材なのかと勘違いしてしまっていたのですが(勘違いは私だけかもしれません)、本を読んでみるとどうやら違っているみたいなので、前文を掲載したいと思います。

 

 

p140録音されたデータが公開されて、彼らの魂胆が見えた。明らかに改竄されていたからだ。(中略)ICレコーダーの音声データは、パソコンに取り込み、いかようにも編集できる。コンピューターに少し詳しい人なら音声データは容易に改竄できる。ましてや、ハイテク集団を持つ創価学会なら痕跡を残さず、データを編集し直すことなど、お茶の子さいさいだろう。私はかつて、学会内のハイテクを担当する部屋を案内されたことがあった。コンピューターなどのハイテク機器にはあまり詳しくない私でも、ずらっと並んでいるのが最新設備だとわかった。これが10年以上も前の話だ。今は、学会のハイテク技術は、当時よりはるかに進歩しているはずである。

 

 

また、創価学会の組織的な犯行と判明したという、昭和45年宮本顕治(当時は共産党委員長)邸への盗聴では、


p140当時、学会の言論出版妨害事件を盛んに共産党が追及していた。これに危機感を持った学会は盗聴実行部隊を編成、宮本邸近くのマンションを借り、宮本邸の前の電柱に盗聴器をしかけた。

 

今から半世紀近くもの昔にすでに盗聴というハイテク技術が創価学会内では確立されていたと矢野氏は記しています。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺