組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

アンカリング

集団ストーカー加害者が被害者に対して、とあるもので条件付け(意識付け)をすることをアンカリングというのだそうです。

対象者が自分は被害を受けていると気づくまで同じ事を繰り返し、気づいたあとも頻度を落として現れます。

私の場合は見知らぬ人物から車両によるつきまといがあると気づかせるためのアンカリングでした。

一般的にストーカーや尾行って対象者にわからないようにつきまとうものですが、

集団ストーカーの場合、つきまといに使用する車両には目立つ派手な色のものもあります。


無職の時期に現れることの多い、ある特徴のあるオレンジ色のハスラーがいます。

乗っているのは20代後半?若い無精ひげを生やした若者です。

町外れにある自宅から1km程の施設に毎日朝・夕出かけていたのですが、平日の就業時間帯であるにもかかわらず、朝・夕にかかわらずすれ違うことにある日気がつきました。

平日に無精ひげを生やしていたので、彼も無職なのかもしれません。

間近で顔を見た事があったのですが、次にすれ違ったときはサングラスと8月ではありましたがニット帽を被っていました。

お洒落な感じではありましたが、夏にニット帽か…と思った1ヶ月後、この夏はニット帽が流行っていると話題があり、ある暑い日の地域の集まりで若い人が数名ニット帽を被っていたことがありましたが、そういう流行はあったのか、それぞれ関係はあったのかは不明です。

このアンカリング・カーは集団ストーカーを知ったあとの現在も、1カ月に1度程の頻度で見かけます。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺