組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

検索システムの作為

以前マインドコントロールの記事で、周囲の人々が被害者を否定して病院へと刷り込みをするという記事を書きました。


その後の周囲の対応は、否定はなくなり生暖かい対応に変わってきています。いちおう報告です。



歯科医をインターネットで検索して2週間後の予約を待つ間、予約した歯科医のホームページがどんどん検索結果の上位にあがってくるという出来事がありました。


初めて訪れた歯科医でしたが、先生や周りの患者からのほのめかしがありました。


対応の優しい先生ではありました。



集団ストーカー被害にあい、告訴、和解、被害者が謝罪をされたという吉松育美さんの記事を読みました。『STALKER ZERO〜被害者が守られる社会へ〜』


全世界に向けて被害を訴えたそうですが、日本のマスコミが報道することはなく、私は集団ストーカー被害にあうまでまったく知りませんでした。


日本の偏向報道ひどいな!そして集団ストーカー被害に巻き込まれた側なのに、謝罪して犯罪がなかったことになっている。


集ストは己の犯罪の隠滅を狙っている。


この記事も1か月前に検索したときは上位にあったのですが、現在検索上位にあるのは謝罪関係が多いのが不思議です。



いろいろな人に集団ストーカーの被害を相談しました。


医師ではない初対面の人に統合失調症と言われたのには、さすがに失礼なと思いました。


そして私の周囲では「それは幻聴じゃない?」や「あなたの世界に…」などの定型文があったのですが、それは統合失調症の症状を表す言葉のようでした。


厚生労働省統合失調症のホームページを見ていたら「幻聴」「(患者さんの)世界」という言葉があったからなのですが、今確認すると世界という言葉が見つからないのですよね…


今は周囲の人たちが「あなたの世界に…」と言うことはなくなりました。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺