読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

「朝鮮総聯の大罪」を読んで

集スト関連書籍

集団ストーカーを知らなかった頃、私の受けている不特定多数の車からのストーカー被害や、所属する複数の地域で同時多発的に遭遇する人間関係のトラブルに悩んでいた頃、様々な人・機関に相談していました。


その中のアドバイスのひとつに、「犯罪を犯したわけでもないのだから、堂々としてればいいんだよ」というものがありました。


人間関係に対してはそれもそうだなと思いました。


その後その人も加担する事がわかり…。



しばらくたち、先の人とは無関係の相談機関から、また同じように堂々としていればよいとアドバイスをもらいました。


ちなみに集スト否定派で、集ストビラを見た後のアドバイスです。


またか…でも車のつきまといを相談しているのにあんまり関係ないよ…と思いました。


そしてそのアドバイスは」「朝鮮総聯の大罪」にもありました。

加害者加担者が被害者に対応する言葉にはいくつか定型文があるように思うのです。


p58
宋さんは青森出身の在日二世だった。通称名は大原で、日本人の中に混じって育ったが、近所に朝鮮人の友達も何人かいた。そんな環境の中で、民族意識が少しづつ芽生えたが、常に差別されているのではないかという、幼い頃からの不安があった。ことさらに差別された記憶はなかったが、大学に入って勉強すると、かえって差別意識が募り、四年生になって、卒業が近づき、社会に出るようになるとますます不安を持つようになった。それを日本人の先輩に相談したりもした。「差別されるのが怖いんです」「それは大原君の気持ちの持ち方の問題だろう?周囲がどう思おうと、本当に朝鮮人としての誇りを持ち、堂々と朝鮮人として振る舞えば、誹謗や中傷などは耳に入らないはずだ」「僕もそう考えようとはしましたよ。しかし、現在の日本社会には、たとえば就職差別など、本人心の持ち方だけではどうにもならない差別が歴然としてあるんです。堂々と振る舞おうとすると生きづらく、要領よく生きようとすると本当のことを隠さなくてはならない。先輩は日本人だから、こればかりはわかりませんよ」







アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺