読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

集スト加害の基本~悪評~

ガスライティング 集ストの日々
集団ストーカー被害者がトラブルに巻き込まれていることを周囲に相談すると、すでに周囲には被害者の悪評が流布していて、まともに被害の話を聞く人は少ないのではないでしょうか。

特に昔からの知り合いにはそうでした。


知り合ったばかりの人に相談したこともあります。

そのときは真剣に話を聞いてくれるのですが、次に会うときには半笑いで「ストーカーどう?」と聞かれましたね…

そういうことが続くと、被害者の話をまともに聞かないようにという何かしらの悪評が出回っているのではないかなと考えるようになりました。

そして被害者の在籍する組織の被害者に近いところにはどこにいっても、被害者の行動を監視して周囲を加担に導いている加害者がいるような気が…

憶測ですが悪評のひとつに、被害者本人に続いている不幸は集団ストーカーによるものと本人は信じていて、それを周囲に宣伝し、不幸な人を探しだし、勧誘しているから気をつけて!といったものがある気がする。

なぜか「勧誘している人」みたいな扱いを受けます…

そしてそろって「集団ストーカー」の話になると耳をふさいでしまう。

世間に「集団ストーカー」という単語が存在していても、普通に暮らしている人ならスルーするだけの話ですが、どうも悪評を流してまで「集団ストーカー」が存在していては都合が悪い人たちがいるみたい。

他にもいろいろと悪評のパターンはありそうです。

あと、「あの人は自殺しそうだから、目を離さないように」とかいいながら、つきまとい・監視するパターンもありそう…
アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺