読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織犯罪集団ストーカーin山梨

アンチ創価学会です。集団ストーカー被害があります。

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心 (ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人) (被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う) (初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける) ・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石 ・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為 (先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為) (信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴) http://antiterro.tripod.com/id15.html

集団ストーカーサイト引用

http://souka.ninja-web.net/syuudan_stalker.htm


創価学会の集団ストーカー

ストーカーの目的

基本は仏敵探しです。悪い人を見つけて懲らしめます。

それが創価学会の批判者でなくても、学会からのターゲットにされるのが最大の特徴です。

誰の指示か?

集団ストーカー行為はすべて幹部の指示です。

学会員は「怪しい奴をみつけてこい」といった、極めて曖昧な指示をされているので、集団から少し浮いた人なんかは不審者認定されることがあります。

不審者がいなければ、駅など人通りが多い場所などでわざわざ目障りな行動を取ってそれに過剰反応する人に声かけをするなどの行動を取るものもいます。

「学会員」に不審者認定されると、工作員が自宅に訪れることがありますが、そのときの対応が不遜だとケンカになったりして、仏敵認定されてしまい、集団ストーカーが始まります。

最大のポイントは、ターゲットにされた人はこの時点で「相手が創価学会員とはまだ気づいていない」ことです。

幹部と学会員


幹部が「あいつは敵だ」といえば、学会員は疑うことなく攻撃しようとする。

「学会員は思考停止している」と言われているのはこのためです。

「学会の幹部の中に頭のおかしい人」もいますが、これに対して誰も突っ込まない、身内を疑ってはいけないといった考え方が蔓延しています


有名な広宣部

さらに学会には広宣部という諜報部があるので、仏敵とされた人を徹底的に調べます。

一般の会員も攻撃に加わることもありますが、通常は「指示された場所」で待っていて、ターゲットにされた人が来たら連絡する程度です。

おかしなことをしてる団体なら、脱会者ももっと出るはずと思いますが、脱会者の引きとめ以外に、仏罰の恐ろしさを繰り返し教わっているので簡単に脱会に踏み切れません。創価学会員はオカルト要素に弱いことが分かります。


【絶対読むべし】創価学会の集団ストーカー・・・被害にあったときの心得

集団ストーカーを終わらせる、被害状況を改善させる方法です。

集団ストーカーは幹部主体でやっています。学会員同士を団結させたり、敵を無理にでも作るといった感じです。学会員は「批判を受けるほど喜ぶ」特性を持っています。そのように教育されてきたから。
学会幹部が「敵はあいつだ」と言えば、学会員はみんなそのように思い込みます。このあたりは理解不能。

ちなみに上からやらされているように見えるのはその為。


以下の16条について

考え方が違う、それは間違っている!という方もみえます。
創価学会はニセ本尊問題でいずれ消滅します。手っ取り早く潰したければこのページを読んで学会員に広めてください。
まずは学会員のことを知り尽くしてください。

すべての学会員が「原版をコピーし使いまわした魔の憑いたニセ本尊」を大切に、自分の命と同じ重さで拝んでいることを知ってください。


被害にあったら・・・

1、集スト相手と絶対に戦わない。加害者との間に誤解がある場合は取り除く(被害にあったのはあなたが挑発に乗ってしまった可能性あり、カルトは攻撃しあうことで喜ぶ人格破綻者です)

2、むやみに「自分の考え、主義主張、支持している政党、好き嫌いなど」を晒さない。
 (ちなみに人間関係・話が上手い人は「自分の考え・主義主張が周囲に分かるような話」はあまりしません、物事の核心に触れるようなことは本能的に避ける)

3、異変を感じても過剰反応しない。普段から冷静に行動することを身に着ける

4、人と「広く」付き合う。 

4、気力・体力を充実させ勉学に励む。(自己節制タイプはターゲットになりにくい、付きまとっても面白くないので)

5、嫌がらせ(尾行、仄めかし)だけしてくる学会員は相手にしない(人間としての箍(たが)が外れている者がいる。話が通じない。異常な動きをすることがある。知覚異常。顔が変形している) 

6、その一方で、「話せる学会員」もいます。誤解を解くためにはよくコミュニケーションしておくこと。(重要)

7、幹部クラス以下の中にヤクザみたいな者がいる。話し方がチンピラ。じつは黒幕(いろんなものに成りすましてケンカ腰で接してきます。饒舌。信心はないが話は通じる。
  創価学会を批判していなくてもこの連中とトラブルとなぜか集ストに遭う。誤解を取り除き「和解」の方向へ)

8、「創価学会員」は幹部から言われた通りに行動します。幹部から「あいつは敵だ」と言われればそのように思い込むように出来ています。

9、あなたがレベルアップする。ユーモアのセンスを磨く (学会員は空気が読めません。ターゲットであるあなたとの間に、思考に大きな隔たりを感じると彼らは困ってしまいます。)

10、思考盗聴はありません。 (あなたの行動パターンが知られている、独り言が漏れている。人海戦術を取っている。高性能マイクが壁ごしに仕掛けてある) 

11、「電磁波攻撃」とは、エレクトリックスタンガンみたいなものを使っています。 

12、パソコンの重要なデータにはパスワードが短くてもいいのでロックをかける。(Cドライブ暗号化)(外付けHDDパスワード化)(USBパスワード化)など。
メモ帳に手書きで書かない、就寝、入浴時に侵入され読まれます。ベランダを開けない。バイクふかし音は侵入音を消している。


13、上記を踏まえ、あなたがいつ死んでも、就寝中に侵入されても、重要なデータが流出しないよう状況にしておく。

14、「行動音」をむやみに出さない、歩く音、パソコンのタッチ、落下音、クリック音。(これにあわせて外で車・バイクをふかします。うざいですね)

15、パソコンなどは、イヤホンなどで聞く。ヘッドホンは「タイプによっては音がダダ漏れ」です。イヤホンのほうが音が小さいので壁盗聴しにくい。

16、はがきレシートなどの個人情報を消滅させる、「行動パターンを変える」などの「一般的なストーカー対策法」も知っておく。(ここでは省略)


他にも何点かありますが、友人にだけ教えます。

学会員の方へ、創価学会の本尊様は原版をコピーだけしたニセモノの本尊です。開眼されていないため、拝むと頭が割れたり、眩暈、体調を崩します。(足に力が入らない、体がだるい、一時的な視力低下など)

ちなみに、学会員は短命薄幸、脳機能障害(アスペルガー気味)です。

「自分の体に起こっている異変」を上手く感じ取れない人が多いです。ちなみに池田大作会長の次男は29歳で病気で他界されています。

幹部から、「何らかの指示」を受けた場合は「逆らわずに行動」し、内容をコッソリ教えて下さい。 (現役会員、脱会者、未活会員全員可です)

脱会・信心は個人の自由。強制されるものではありません。

1番と9番(ユーモアのセンス)が特に重要です。


----------------------------------------------------------------------------------


サイトの内容の保存を目的に掲載します。

アンチ創価学会です。山梨県東部で組織犯罪集団ストーカー被害にあっています。 集団ストーカーとは徹底的に個人を追い詰めるいじめです。人権侵害犯罪です。 この犯罪の問題は被害にあっても加害者が適切に処罰されないことです。 問題を解決するためには法の改正が必要です。そのためにたくさんの方にこの問題を知っていただきたいのです。 <検索ワード>  集団ストーカー、組織的犯罪、ガスライティング、統合失調症、盗聴、盗撮、テレパシー、サトラレ、 思考伝播、考えが伝わる、幻聴、思考盗聴、自殺